夫が東京へ転勤!?ついていくメリットやデメリットとは?

Pocket

こんにちは。Sarukuです。

夫が転勤になったとき、妻のあなたは夫についていきますか?

それとも、別々に暮らしますか?

自分の仕事だってあるし

住み慣れた土地を離れたくないと思うかもしれません。

実際に私も夫が東京へ転勤となり、

どうするべきか悩みました。

夫の転勤についていくメリットやデメリットを

私の経験を踏まえて書いていこうと思います。

<目次>

  1. 東京転勤は突然に
  2. 夫の転勤についていくデメリット
  3. 夫の転勤についていくメリット
  4. 東京転勤、私が出した結論は...

1.東京転勤は突然に

夫の転勤の打診はある日突然やってきました。

転勤先は東京。

夫からは一緒についてきてほしいと言われました。

ついて行きたいのは山々だけどね、

そんな簡単には「はい」とは言えない。。。

当時の私は30代半ば。

正社員として働き、仕事は大変だけど

上司や同僚に恵まれていて

充実した毎日を過ごしていました。

そんな時に降って湧いたこの転勤話。

仕事を辞めて夫と一緒に東京へ行くのか。

それとも、東京と地方に分かれて生活をするのか。

それまで私は「結婚している」ことを意識したことがなかったのですが、

初めて結婚とはこういうことなのかと強く感じました。

まさか私にこんな大きな選択が待っていようとは。

そこで、夫の転勤についていった場合のメリット、デメリットを

自分なりに洗い出して決断することにしました。

2.夫の転勤についていくデメリット

転勤に否定的な場合って、デメリットの方が先に思いつきますよね。

まずは、私が夫についていった場合のデメリットを考えました。

【今の仕事を辞めなければならない】

新卒で入社して13年。

職場の人間関係も順調で

この会社でキャリアを積んでいこうと考えていました。

夫について東京に行くとなると

今まで築き上げてきたキャリアや人間関係を壊すことになります。

努力して手に入れた自分の居場所を簡単に手放す気にはなれません。

【世帯収入が激減】

私たち夫婦は子供がいない、いわゆるDINKS夫婦です。

財布は別々。旅行や買い物など、好きにお金を使っていました。

私が仕事を辞めるとなると収入が半減。

今までのお金の使い方では確実に生活が破たんします。

【都会暮らしへの不安】

私は九州の生まれで関東とは縁もゆかりもありません。

東京へ行ったのも片手で数えるほどです。

日々、山に囲まれて生活していた人間が

都会暮らしに馴染めるのか不安で仕方がありません。

実際に地方から東京に家族で引っ越した知り合いがいましたが

奥さんが東京に馴染めなくて地方へ戻ったという話も聞いていました。

【引越しが大変】

見知らぬ土地での家探しは苦労します。

住むエリアを検討し、不動産屋で物件探しが始まります。

引越し先が遠方であれば物件探しも容易ではないですよね。

住居が決まれば引越し準備が待っています。

夫が単身赴任なら荷物は少量ですが、

私もついていくとなると荷物は倍以上になります。

引越し先の住居の広さによっては荷物を減らさないといけません。

考えるだけで億劫になってきました...

3.夫の転勤についていくメリット

デメリットばかり挙げても話しが進まないので、

自分が退職して夫と一緒に東京に行く場合のメリットを考えてみました。

【夫婦で一緒にいられる=夫婦の絆が強まる】

夫からは「仕事を辞めてついてきて欲しい」とはっきりと言われました。

普段は私の意見を優先してくれる優しい夫が

この時だけははっきりきっぱりと伝えてきたのです。

平成も終わろうとしている世の中で

まさかの昭和的発言。

正直、「勝手なこと言って、私だって仕事あるのに!!」

と憤りました。

でも、「東京に行っても絶対幸せにするから!!」

と夫から言われ、彼の覚悟を悟ったのです。

私はこれを『再プロポーズ』と勝手に捉えています。

そんな彼と一緒に東京へ行くとなれば、彼は喜んでくれるし、

夫婦の絆は一層強くなるに違いない。

ここから私も東京へ行くことを前向きに考えるようになりました。

【不要なお金がかからない】

夫が単身赴任になり、夫婦別居の二拠点生活になると

それぞれに生活費がかかるだけでなく

お互いが行き来するための交通費も嵩みます。

夫は以前から三か月程度の長期出張を経験していましたが

出張期間はいつもより生活費がかかっていました。

私が転勤についていき、生活拠点を一か所にすれば

重複する生活費や交通費は必要がなくなります。

【新しい土地で新たな気持ちでスタートできる】

同じ場所で長く生活していると飽きが生じるのは確かです。

私も地方での安定した暮らしに満足していましたが

若干マンネリを感じていました。

そんな頃に浮上した東京への転勤話。

知らない土地での生活は不安もあるけれど

新しい生活を想像するとなんだかワクワクしてきます。

これまでのキャリアはなくなってしまうけれど、

また一から仕事を始めてみてもよいし

今までできなかったことにもチャレンジできる気がします。

4.東京転勤、私が出した結論は...

メリット、デメリット、それぞれ考えればきりがないのですが、

私が出した結論は...

私も東京についていく!!

もちろん、すぐに結論を出せたわけではありません。

この結論に至るまでにいろんな不安や葛藤がありました。

なにより不安に思ったことは、

東京に行ってからの先のビジョンが全く見えなかったことです。

友人も知人もいない知らない土地で

私はこれからどうなっていくのか

全く想像できずに、ただただ怖くて...

それでも、東京へついていこうと決意できたのは

夫に言われた言葉のおかげです。

今の生活をもっとより良いものにするために東京に行くんだよ。

だから東京でも一緒に楽しく暮らそう。

こんなことを言ってくれる人の誘いを断れば

いずれ離婚を切り出されても何も言えないなと思いました。

という訳で、私は仕事を辞めて

夫の東京転勤についていくことに決めました。

まとめ

夫の赴任先についていく場合、ついていかない場合、

それぞれにメリット・デメリットがあります。

家庭によって様々な事情があると思いますので

どちらを選ぶかは家族で納得できるまで話し合って

一番良いと思われる道を選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする